メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおもり人模様

八戸市の南部裂織作家・井上澄子さん(84) 織り続け、感動伝えたい /青森

地機で織る南部裂織作家の井上澄子さん=青森県八戸市の工房「澄」で

 <あおもり人模様(ひともよう)>

 古くから南部地方に伝わる「南部裂織(さきおり)」の技を普及しようと40年以上にわたって作品を作り続けてきた。「いろいろに色が変わり、同じ物はないんです。織る度に感動を与えてくれる」と魅力を語る。

 裂織は古着や古布などを裂いて横糸にし、手織りの織機「地機(じばた)」で野良着やこたつかけなどの織物として再生させる東北地方を中心に受け継がれてきた伝統工芸。江戸時代に始まったとされ、農閑期の女性の手仕事として担われてきた。

 北海道出身で結婚を機に八戸市に移り住んだが、当初は「裂織の『さ』の字も聞いたことがなかった」という…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです