メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「やまがた学習帳」販売開始 山形を知るきっかけに 樹氷、サクランボなど4種類 /山形

発売中の「やまがた学習帳」=山形市下条町3で

 教科書販売会社「山形県教科書供給所」(山形市下条町3、五十嵐勇太社長)は、ショウワノート(本社・富山県高岡市)の「ジャポニカ学習帳」とコラボしたノート「やまがた学習帳」の販売を始めた。

 ノートはB5判の5ミリ方眼紙で全32ページ。「自然編」「食べ物編」「祭り編」「歴史編」の4種類があり、それぞれ表紙と裏表紙など計4ページに山形にまつわる各テーマについて、カラー写真と解説文を紹介し…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 編集部のよびかけ 女性天皇 認められるか ご意見募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです