メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 避難所生活、疲労にじむ 水戸市立飯富中 県内最多90人 /茨城

避難者たちは体育館のテントの中で、弁当を食べたり横になったりして過ごしていた=水戸市飯富町で

[PR]

体育館の外では「水戸市女性防火クラブ」のメンバーが炊き出しを実施した=水戸市飯富町で

 水戸市飯富町の市立飯富中学には、16日午後1時の時点で、県内最多となる約90人が避難している。15日夜、体育館のテントの中で肩を寄せ合う避難者の顔には、疲労がにじんでいた。

 「洗濯する場所と風呂があればなあ」。15日、体育館の床に敷いたマットに座っていた梶山隆さん(65)がつぶやいた。

 水戸市藤井町にある梶山さんの平屋建ての自宅は、背丈よりも高い場所まで浸水した。押し入れまで泥水が押し寄せ、タンスや衣類は水浸しで着替えがなくなり、友人から借りたジャージーの上下3組を着回している。

 自宅の泥をかき出す作業で汗と泥にまみれ、14日は自家用車でスポーツクラブに行って風呂に入った。慣れない環境で不便を感じるが、「避難所があるだけありがたい」と語った。

 避難者は周囲からさえぎられたテントで過ごすが、足を伸ばして寝るのがやっとのスペースだ。多くの人は朝から自宅で作業し、日が沈むと避難所に戻る生活を続けている。15日午後6時ごろ戻ってきた年配の女性は、泥で汚れたズボンを見ながら「何日続くんだかねえ」と疲れた表情でつぶやいた。

 体育館の玄関には、泥で汚れた長靴が並ぶ。その脇には、自由に利用できる飲料水や洋服、マスクや使い捨てカイロなどがあった。

 午後6時ごろ、洋服の前で大柄な男性(77)が立ち止まっていた。男性は台風が通過した13日未明から避難しているが、15日夜の冷え込みに備えようと洋服を見ていた。「何枚か肌着を重ねようと思ったけど。サイズが合う物がなかなかないね」と残念そうだった。

 避難所から夜勤に通う男性(46)もいた。男性の自宅も平屋建てで、天井付近まで浸水した。自宅に残してきた猫が気になっているという。

 避難者には弁当が支給されているが、15日夜には「水戸市女性防火クラブ」のメンバーが炊き出しを実施。温かいみそ汁を振る舞った。【川島一輝、小林杏花】


避難所生活の注意点◇

 ◆感染症防止

・こまめな手洗い、うがい

・マスク着用

・歯磨きの徹底

 ◆エコノミークラス症候群防止など

・水分摂取

・定期的に足や足首を動かす

 ◆破傷風防止

・傷口はよく洗う

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです