メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

へしこ

除草剤は危険か? /福井

 昨年から農薬界に激震が走っている。除草剤のラウンドアップが発がん性物質を含んでいると指摘されたからだ。ラウンドアップは、猛烈に生育する草の管理に欠かせない薬剤の一つで、環境に残らない安全性の高い農薬と信じられてきた。農家の高齢化や農業人口の減少が進む現在、効率的に除草し、農地を維持できるラウンドアップなしには農業経営は難しい。

 では、ラウンドアップはとても危険な薬剤なのだろうか? ラウンドアップは素早く土の粒子に吸着され、3~21日で半減し、やがて消失する。他の除草剤とは大きく違って環境に溜まらない安全性の高い薬剤と謳(うた)われてきた。それが2015年に国際がん研究機関の発がん性リスク一覧に掲載されてから、ややその安全性を疑う声が大きくなってきた。その機関が、ラウンドアップの成分をグループ2Aに登録したからだ。グルー…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  3. 視聴室 十三人の刺客

  4. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  5. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです