老朽原発の延長認可取り消しを 県庁前でアピール /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
県庁から名古屋地裁までデモ行進する原告ら=名古屋市中区で
県庁から名古屋地裁までデモ行進する原告ら=名古屋市中区で

 運転開始から40年以上が経過した関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)と美浜原発3号機(同県美浜町)の原子力規制委員会による延長認可取り消しを求め、名古屋地裁で係争中の原告や支援者らが16日、この日の口頭弁論を前に愛知県庁前でアピール行動をした。関電幹部の金品受領に絡む問題に触れ「私腹を肥やしている関電が老朽原発を安全に動かせるはずがない」など…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

注目の特集