メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 被災地支援が本格化 県内から職員派遣、物資提供 /滋賀

西嶋栄治副知事(右)に被災地への出発を報告する職員3人ら(左)=滋賀県庁で、成松秋穂撮影

[PR]

 台風19号で記録的な大雨に見舞われた東日本各地の被災地を支援しようと、県や県内の自治体などから職員の派遣や支援物資の提供が本格化している。河川の堤防決壊による浸水など甚大な被害の状況が徐々に明らかになる中、断水など生活インフラの復旧が遅れている地域も目立つ。被災地の復旧・復興に向けた動きは、まだ始まったばかりだ。

     ■県

     県は15日、台風19号により甚大な被害が出た宮城県に職員3人を派遣した。先遣隊として3~5日間、被災地の支援ニーズなどの情報収集にあたる。

     先遣隊は、関西広域連合を構成する8府県で分担し、宮城▽福島▽茨城▽栃木▽埼玉▽長野――の6県へ派遣される。滋賀県からは、防災危機管理局の職員2人と、南部健康福祉事務所の保健師1人が宮城県庁や被災市町村を回り、災害対策本部の運営や物資の確保、避難所の運営などの状況を調査する。

     出発報告で防災危機管理局の宮部敏主幹(49)が「被害を受けた被災地や被災者の皆さんに寄り添った支援ができるよう、被害の状況と支援ニーズをしっかり情報収集する」と決意表明。西嶋栄治副知事は「県として誠心誠意寄り添っていくため、情報収集を頑張ってほしい」と述べた。【成松秋穂】

     ■彦根市

     彦根市は15日、水戸市と栃木県佐野市へ危機管理課の職員計3人を派遣した。水戸市とは井伊家16代当主、井伊直愛(なおよし)氏の市長時代だった1968年、幕末の敵対関係を清算して親善都市提携を締結。佐野市は江戸時代に彦根藩の飛び地があったことから、69年に親善都市提携を結んだ。2012年には、両市と災害時の相互支援協定を締結している。

     この日の出発式で大久保貴市長は「現地の状況をしっかり確認し、どのような支援ができるか把握してきてほしい」と激励。佐野市へは現地からの要請でスコップ106本、バケツ38個をワゴン車に積んで出発した。3人は17日に彦根に戻る予定。【西村浩一】

     ■近江八幡市

     断水などの被害が出ている福島県南相馬市からの要請を受け、近江八幡市は16日、備蓄している飲料水のペットボトル(2リットル)5100本を、派遣する職員4人とともに送った。両市は12年3月、災害時の相互応援協定を締結している。4人は17日に戻る予定。【蓮見新也】

     ■湖南市

     湖南市は15日、断水が続く南相馬市に給水車(3トン)1台と職員4人を派遣した。飲料水のペットボトル(500ミリリットル)720本も提供。給水作業にあたる職員2人は、18日まで現地で活動予定。

     全国市長会の相談役と防災対策特別委副委員長を務める谷畑英吾市長が、同会会長で南相馬市と隣接する福島県相馬市の立谷秀清市長から要請を受けた。【成松秋穂】

     ■米原市

    米原市の平尾道雄市長(左)から激励を受ける派遣職員=滋賀県米原市長岡の市役所山東庁舎で、若本和夫撮影

     米原市は14日、相馬市へ飲料水などを届けるため、市職員6人を現地に派遣した。両市は水源の里の活性化を目指す「全国水源の里連絡協議会」に参画しており、11年の東日本大震災の際には米原市が相馬市へ職員を派遣。12年に災害時の応援協定を結び、13年9月には台風で被害を受けた米原市に相馬市が飲料水を届けるなど、相互支援を続けている。

     台風19号の影響で、相馬市は主要な水道管が被災して市内全域で断水状態となった。米原市は「米原水」の名称で販売している飲料水(500ミリリットル)6500本、給水袋(6リットル)6000枚、ポリタンク(26リットル)185個を支援物資として送ることにした。

     14日には出発式があり、平尾道雄市長が「市を代表し、水を届ける業務を完遂してほしい」と激励。15日には給水車1台も派遣し、18日まで活動する予定。【若本和夫】

     ■竜王町

     竜王町は14日、台風19号の影響により町内全域で断水が起きている福島県新地町に、飲料水のペットボトル(2リットル)300本を送った。両町は東日本大震災後の13年に災害時相互応援協定を結んでいる。新地町がホームページで、全国の自治体などに飲料水の提供を呼び掛けているのを知り、災害用の備蓄品を支援物資に回した。【蓮見新也】

     ■県警

     県警は13日、機動隊員ら15人を宮城県へ派遣。浸水などの被害に遭った人の救助などにあたった。16日まで活動する予定。【諸隈美紗稀】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

    2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

    3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

    4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

    5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです