メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絞り染め作品150点 高野・金剛峯寺など3会場で展示 20日まで /和歌山

藍と白で表現した作品が並ぶ絞り染めの作品展=和歌山県高野町の高野山ギャラリーで、松野和生撮影

 藍と白を基調にした絞り染めの魅力を紹介する作品展「高野山まちなか美術館―絞りの技・藍の美―」が16日、高野町の高野山真言宗総本山金剛峯寺など山内3会場で始まった。20日まで。

 絞り染めは、木綿や絹などの生地に布や綿などを当て、「縫う、畳む、絞る」技法で藍に浸して染め上げ、模様を表現する。

 絞り染め愛好者約80人が参加し、東京、…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです