メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂初開催 地元企業や商店など食材提供 長府のボランティア団体 「居場所作りつなげたい」 /山口

地域の人と交流しながら食事を楽しむ子どもたち

 下関市長府地区で、地域の人と子どもたちが食卓を囲む子ども食堂が今月、初めて開催された。地元商店街や企業から提供された食材などで作った夕食が振る舞われ、子どもたちは食事と交流を楽しんだ。主催のボランティア団体「長府子ども食堂 城下町キッチン」代表の高尾京子さん(53)は「子どもたちの居場所作りにつなげていきたい」と期待を込める。【近藤綾加】

 「いらっしゃい。待ってたよ」「今日はカレーだよ。たくさんあるから、おかわりもしてね」。10日、同市…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです