メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

玄奘が結ぶ中印の縁=坂東賢治

 <moku-go>

 「西域(さいいき)」は中国から見て西側、今の新疆ウイグル自治区や中央アジアを指すのが一般的だが、インドやイランを含むこともある。

 「西遊記」の三蔵法師のモデル、玄奘(げんじょう)三蔵の旅行記「大唐西域記」の記述の多くは今のインドの国々に割かれている。

 7世紀前半、仏典を求めてインドに10年以上滞在した玄奘の記録は当時のインド社会を知る上でも貴重だ。中国とインドの交流でもその足跡が何かと話題になる。

 習近平国家主席が2014年に訪問したモディ首相の故郷、グジャラート州も玄奘が仏典を学んだ場所とされる。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです