メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

幼保無償化スタート 少子化への効果不明 晩産化・教育費に課題=論説委員・堀井恵里子

お昼を食べる子どもたち。給食費は無償化の対象外となった=中野区の認可保育所で、堀井恵里子撮影

 幼児教育・保育の無償化が今月スタートした。政府が進める「全世代型社会保障」の柱だが、少子化対策として十分な効果を上げられるかどうかは、見通せていない。子どもが減る背景には、教育費など子育てにかかる費用が大きいことや、働く女性が増えて子どもを産む年齢が上がっていることがある。幅広い対策で「安心して子どもを産み、幸せに育てられる」と実感できる社会の実現が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1839文字(全文2020文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです