連載

Stand・by・you!そばにいるよ

相模原市の障害者施設で元職員が入所者ら46人を殺傷する事件が起き、障害者は不幸だと決めつけるような容疑者の供述が社会に衝撃を与えました。それでも福祉や介護、医療などの現場では、共生を願い、誇りとやりがいを持って当事者のそばに寄り添う人たちがいます。「Stand by you! そばにいるよ」では、これからを担う世代の奮闘を紹介していきます。

連載一覧

Stand・by・you!そばにいるよ

放射線治療、第一線で研究進め 医学物理士・中路拓さん(28)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
医学物理士 中路拓さん(28)=谷本仁美撮影
医学物理士 中路拓さん(28)=谷本仁美撮影

中路拓(なかじ・たく)さん(28)

 現代のがん治療の主要な選択肢の一つになっている放射線。複雑な機構の照射装置を管理し、被ばく線量などを勘案しながら最適な治療計画を立てる中心になるのが医学物理士だ。放射線治療の普及に伴い認定資格の所持者は増えつつあり、全国で約1200人が前線に立つ。

 理学部で学んでいた学生時代、講義で「今後重要な仕事となるが、まだ人数が少ない」と教わったのが医学物理士だった。物理の知識を医療に生かせると興味を持ち、専門コースのある大学院へ進学。昨年、世界で初めて整備され、まだ…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集