メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

参院選「違憲状態」 格差解消、国会に迫る

「違憲判断」などと書かれた紙を掲げる原告代理人の升永英俊弁護士=高松市丸の内の高松高裁前で2019年10月16日午後2時15分、岩本桜撮影

 今年7月の参院選の「1票の格差」を巡る最初の司法判断は「違憲状態」だった。最大格差は最高裁が「合憲」と判断した2016年参院選から縮小したものの、16日の高松高裁判決は「常識的に考えて許容し難い」と指摘した。昨年の公選法改正による埼玉選挙区の「2増」による格差是正も、一時しのぎの方策に過ぎないと厳しく批判し、国会に抜本的な改革を迫った。

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文1941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです