メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語る・つなぐ

阪神大震災25年/4 立木茂雄・同志社大教授

同志社大の立木茂雄教授=2019年10月8日、井上元宏撮影

 阪神大震災からの復興とは、高度成長を経た豊かな社会を襲った大規模災害からの生活再建という、前例のない取り組みだった。同志社大教授の立木茂雄さん(63)は発生直後から学生ボランティアをとりまとめ、被災者の生活復興支援策の提言を続けた。復興の道のりや教訓を聞いた。【井上元宏】

生活再建、現場から工夫

 ――阪神大震災からの復興の道のりで問われたものは何でしょうか。

 戦後の大規模災害で初めて、生活再建が大きな課題となった。死者・行方不明者が5000人を超えた災害は戦後は伊勢湾台風(1959年)、阪神大震災(95年)、東日本大震災(2011年)の三つ。伊勢湾台風は災害対策基本法制定につながり、市町村が主体となって防災を担う枠組みができた。それから40年近くたち、1人当たり国内総生産(GDP)は大きく伸びた(59年・約14万円、95年・約390万円=名目ベース)…

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 劇場版『鬼滅の刃』入場者に塗り絵配布、先行DL開始 作者「まだまだおうちで過ごす時間も多いので」

  2. 菅首相、日中韓会談に難色 元徴用工問題で措置講じない限り出席せず 韓国に伝える

  3. 杉田和博官房副長官が拒否の判断に関与 政府関係者明らかに 首相に経緯報告

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 法政大出身の菅氏へ「民主主義国家が誇り持てる首相に」 田中優子・法政大総長

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 菅首相二つの狙い 「徹底破壊して」作る暗い世界 経済学者・安冨教授が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです