メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外務省「フーシ派テロ」、菅官房長官は否定 サウジ石油施設攻撃、政府説明混乱

菅義偉官房長官

 サウジアラビア東部の石油関連施設が9月に攻撃された事件を巡り、外務省と首相官邸の説明に矛盾が生じている。外務省が「ホーシー派(イエメンの武装組織フーシ)によるテロ攻撃」と題する外相談話を発表したが、菅義偉官房長官は16日の記者会見でフーシが攻撃主体であることに否定的な見解を示した。政府の対外説明で誤解を与えかねない事態となっている。

 菅氏は会見で、「ホーシー派(フーシ)の能力を考えた時、攻撃をなし得るものとみなすことは現在では困難…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです