メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院憲法審、いきなり停滞か 定例日の17日開催されず 野党が審議に慎重

 自民党は臨時国会で、憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案の成立を重視しているが、改正案を審議する衆院憲法審査会は定例日の17日、開催されなかった。立憲民主党など野党が審議に慎重なためで、安倍晋三首相の目指す憲法改正の論議は早速、停滞しそうな気配だ。

 衆院憲法審の新藤義孝・与党筆頭幹事(自民)は17日、山花郁夫・野党筆頭幹事(立憲)と会談し、憲法審の日程を決める幹事懇談会や審査会を来週に開くよう求めたが、山花氏は「持ち帰って協議する」と述べるにとどめた。

 憲法審の定例日は、衆院が木曜、参院が水曜でいずれも週1回と決まっている。来週以降、12月9日の閉会…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです