メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英とEU 新たな離脱条件、事務レベル合意 首脳会議焦点に

ジョンソン英首相=AP

 英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、英国とEUは17日、新たな離脱条件について合意に達した。EUは同日に開幕する首脳会議で加盟27カ国による承認を目指す。離脱期限が今月31日に迫る中、経済や市民生活の混乱が予想される「合意なき離脱」の回避に向けて双方が態度を軟化させ、土壇場で折り合いをつけた。

 ただ、離脱条件は双方の議会で承認される必要がある。英議会では与党・保守党が閣外協力政党を加えても下院で過半数を割り込み、可決されるか不透明だ。否決の場合、ジョンソン英首相は先月成立した法律で離脱期限の再延期要請が義務付けられている。だが、要請を拒むなどして「合意なき離脱」と…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです