メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英下院強硬派、早くも不支持表明 EU離脱新条件、国内にもハードル

英議会で演説するジョンソン首相=ロンドンで9月25日、ロイター

 「我々の目的を達成する真のブレグジット(欧州連合=EU=離脱)が遂行できる」。EUの首脳会議が始まる直前の17日、ジョンソン英首相はユンケル欧州委員長との共同記者会見で強調した。だが、実際に離脱期限の10月31日にこの合意に基づいて離脱できるかは、19日にも行われる英議会の採決結果次第。英下院の離脱強硬派の中には新条件に対する不支持表明もすでに出ており、予断を許さない状況だ。(2面参照)

 メイ前首相がEUと合意した離脱協定では、EU加盟国アイルランドと英領北アイルランドとの間で、厳しい国境管理の復活を避けるための方策が見つかるまでは、英国全体をEUの関税区域にとどめる「安全策」が明記されていた。

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです