メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝青龍も「いいね」!日本の靴で踏み出せ モンゴルサッカーの一歩

発起人の渡辺さん(右端上)からシューズを贈られたモンゴル代表の選手たち=渡辺さん提供

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選で、10日に日本と対戦したモンゴル代表の足元は、ほとんどが日本の大手スポーツ用品メーカー、アシックス製のシューズだった。モンゴルのサッカーリーグでプレーする渡辺卓矢さん(31)が発起人となり、滋賀県に本社を置くスポーツ用品店がプレゼントしたものだ。渡辺さんは「サッカーが発展途上の国の子どもたちに夢を与えたい」と語る。

 渡辺さんは千葉県の高校を卒業後、社会人リーグなどでプレーしていたが、プロ選手の夢を諦めきれずにカンボジアやモンゴルのサッカーリーグを転々としてきた。モンゴルでプレーし始めた17年、育成年代のモンゴル女子代表チームの練習を手伝った際、シューズや練習着が粗悪品ばかりなことに驚いた。

 渡辺さんによると、モンゴル国内には、日本にあるようなサッカー専門店がない。平均月収が日本円で約4万円のモンゴルで、高ければ数万円もする正規品のシューズを買うのは困難で、育成年代の選手が履くのは中国などから流入した粗悪品が中心だという。

 「頑張っている子どもたちに、いいスパイクを履かせてあげたい」との思いから、渡辺さんは知人のつてを頼ったところ、「中古やサンプル品を提供してもいい」と応じたのが「モリヤマスポーツ」(本社・滋賀県守山市)だった…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです