メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

[PR]

車が流された現場で当時の状況を語る島田さん。後ろには乗っていた車が今も残されている=栃木県足利市寺岡町で2019年10月16日午後0時44分、玉井滉大撮影

 台風19号が接近した12日夜、車で避難所に向かっていた栃木県足利市寺岡町の無職、島田茂さん(67)が乗った乗用車が、氾濫した川の水に押し流された。車に乗ってから、あっという間に水に囲まれて水田に転落し、脱出するまでわずか4分間。その一部始終が車のドライブレコーダーに記録されていた。

 島田さんは、雨が強くなってきた同日夜、約1キロ離れた中学校への避難を決め、妻(62)が運転する車の助手席に乗り込んだ。

 映像は午後8時41分、自宅を出発するところから始まる。雨が激しい音を立ててフロントガラスにたたきつける中、車は住宅街を抜けて水田に囲まれた真っ暗な道路を進んだ。

 約2分半後、冠水した道路に差し掛かった。「真っすぐ行った方がいい」などと会話をするうち、あっという間に車の右側の水田から大量の水が押し寄せてきた。車内に「ピー」と警報音が鳴り響き、左後輪が脱輪。車は動けなくなり、島田さんは「これ、死ぬわ」と口にした。

 助手席のドアを開けようとしたが、水圧で開かない。体をドアに押し当てて10センチほど隙間(すきま)を開け、左足をねじ込んで妻と車から脱出した。その前後、車のヘッドライト部分が水没し、映像は真っ暗に。ドライブレコーダーの時刻は同45分だった。

 腹の辺りまで水に囲まれる中、水に流されないよう、前かがみになって妻の手を引いた。水田の中を歩いて近くの県道にたどり着き、事なきを得た。奇跡的にけがはなかった。

 16日に取材に応じた島田さんは「一瞬の出来事だった」と語り、当時のことはよく覚えていないという。「どうにか助かって良かったが、早く避難することが一番。危険であれば、1日前からでも避難した方が良いのかもしれない」と話した。【玉井滉大】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです