メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「見に行くだけだから」 川沿いの自宅出たまま戻らず 宮城・61歳男性死亡 

佐藤和之さんが遺体で発見された羽沢川右岸(左側)には台風から2日経過しても流されてきたとみられる木や雑草が残っていた=宮城県登米市登米町で2019年10月15日午後1時39分、山田研撮影

[PR]

 台風19号による断水や停電は16日になっても宮城県内の一部地域で続き、新たな被害の実態も明らかになっている。県警や各自治体のまとめによると、台風による県内の死者は14人、行方不明者は6人。

 登米市登米(とよま)町の北上川支流、羽沢川で13日早朝、遺体で見つかった同町日根牛(ひねうし)上羽沢、会社員、佐藤和之さん(61)は、台風19号の雨が落ち着いてきた未明に上流の川沿いにある自宅を出た後、行方が分からなくなった。

 「(日ごろから)手入れをしていた畑や庭を、守りたかったのだろう。こんなに早く別れるようになるとは」。訃報で実家に戻ってきたという佐藤さんの娘がぼうぜんとした様子でこう語った。

 佐藤さん宅は県道と羽沢川が並んで走る細い谷筋で、数軒の民家が並ぶ集落の川沿いにある。かつても水があふれたことがあり、台風19号が北上してきた12日夜から、佐藤さんは心配して一晩中起きていた。このあたりの羽沢川は普段、水量が少ないが、台風が通過した時は川から水があふれて、庭あたりまで「長靴ほど」の深さに冠水していた。

 佐藤さんは13日午前2時ごろまで、息子と外に出て土のうの代わりに小石を積んでいた。その後、屋内に戻ったが、1時間ほどして「(雨も)落ち着いてきたので、様子を見に行く」と告げて1人で出て行った。しばらく待っても戻らず、心配した家族が捜したが、傘が落ちているだけで、佐藤さんの姿はなかったという。

 連絡を受けた町内会長らが捜索を始めた。登米署によると、13日午前6時50分ごろ、住民が自宅から約1キロ下流の県道の橋付近の右岸に「人のようなもの」を見つけた。駆けつけた消防隊員が引き上げたが、既に亡くなっていた。死因は水死だった。

 息子は「台風も過ぎたので大丈夫だから、行くな」と引き留めたが、佐藤さんは「見に行くだけだから」と語ったという。佐藤さんの娘は「まじめで、何事にも一生懸命な父が……今も信じられない。ここに来ればいつでもいると思っていたのに」と話した。【山田研】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 日本は本当に安全な国か 犯罪は少ないのに治安の悪化を体感する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです