メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風で樹齢1000年の大ケヤキ折れる 山梨・国天然記念物

台風19号の強風で折れた国天然記念物のケヤキ=山梨県南アルプス市で2019年10月16日午後1時3分、金子昇太撮影

[PR]

 台風19号で山梨県南アルプス市寺部にある樹齢1000年以上とされる国の天然記念物「三恵(みつえ)の大ケヤキ」の幹が折れた。市の担当者は「大ケヤキは南アルプスの象徴。非常に残念」と肩を落とした。

 市文化財課によると、大ケヤキは高さ約25メートル、折れた幹の直径は約1メートル。1928年に国の天然記念物に指定された。幹は二股に分かれていて、うち一本が折れた。

 近くの主婦、飯泉豊子さん(62)は13日朝に幹が折れているのを見つけた。「(大ケヤキの周りの)草を刈ったり、落ち葉を掃いたりしていただけに寂しい」と話した。【金子昇太】 

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです