メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

35歳警官プロボクサー「悔い残したくない」13年ぶり復帰「もっと強くなれる」

 13年ぶりにリングに復帰するプロボクサーの警察官がいる。福岡県警行橋署・苅田交番(苅田町)の橋本祐二巡査部長(35)。9月に日本ボクシングコミッション(JBC)の復帰審査に合格した。年齢制限(37歳)によるライセンス失効まであと2年。「悔いを残したくない」と自らの拳の可能性を試すため、交番勤務の合間を縫って猛練習に励む。

 「もう一度、ボクシングがしたい。どこまでやれるか試したい」。9月に35歳となった橋本さんが、妻雪枝さん(38)に復帰への思いを伝えたのは今年5月。プロ申請の上限は34歳までで、タイムリミットが迫っていた。真剣な表情に、雪枝さんは「そこまで言うのなら」とうなずいた。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです