メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

35歳警官プロボクサー「悔い残したくない」13年ぶり復帰「もっと強くなれる」

 13年ぶりにリングに復帰するプロボクサーの警察官がいる。福岡県警行橋署・苅田交番(苅田町)の橋本祐二巡査部長(35)。9月に日本ボクシングコミッション(JBC)の復帰審査に合格した。年齢制限(37歳)によるライセンス失効まであと2年。「悔いを残したくない」と自らの拳の可能性を試すため、交番勤務の合間を縫って猛練習に励む。

 「もう一度、ボクシングがしたい。どこまでやれるか試したい」。9月に35歳となった橋本さんが、妻雪枝…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです