メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トラバサミ被害コウノトリ 治療終え野外に 兵庫・豊岡

トラバサミで左足の指の一部を切断した治療が終わり、箱から野外に放たれたコウノトリ=兵庫県豊岡市日高町堀で2019年10月17日午前10時52分、村瀬達男撮影

 原則、使用が禁止されているわな「トラバサミ」で左足の指の一部を切断されたコウノトリ(生後6カ月)を保護した兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)は17日、治療を終え、同市日高町堀で野外に放った。

 この幼鳥は今年4月、「ハチゴロウの戸島湿地」(同市城崎町今津)にある人工巣塔で生まれた雄。巣立った直後の7月24日、トラバサミに左足を挟まれた状態で巣に戻り、同30日、4本ある指の1本が半分欠け…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです