メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海の不思議、まだまだ尽きない…白いマダコ展示 下関・海響館

[PR]

世界的にも珍しいという白いマダコ=山口県下関市の海響館で2019年10月17日午後1時39分、佐藤緑平撮影

 世界的にも珍しい、白いマダコの展示が17日、下関市の水族館「海響館」で始まった。漁師や飼育スタッフらが捕まえた生き物を展示する2階の「とれとれタンク」で、期間は生態の様子を見ながら決める。

 白いマダコは今月初旬、福岡県の西八田漁港近海で漁師の加藤広美さんが仕掛けたタコつぼにかかった。8日、同館に提供され、バックヤードでカニを食べるなど元気に過ごしていた。

 一般的なマダコは茶色っぽく、変色して環境に溶け込む「擬態」ができる。白いマダコは「スタッフみんな見たことがない。世界的にも珍しい」と同館魚類展示課学芸員の玉井健太さん。観察していても色が変わらず「餌を捕ったり天敵のウツボから身を守ったりするのに苦労したと思う」と話す。

 展示水槽では約15センチの胴を岩陰に隠し、餌が現れると腕を伸ばしていた。来館者は「すごい」「こんな色のタコいるんだ」などと感心した様子。玉井さんは「まだまだ知らない海の不思議があると感じた。感動をみなさんとも共有できれば」と話した。海響館(083・228・1100)。【佐藤緑平】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです