メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 安倍首相が「特定非常災害」指定を表明

安倍晋三首相=首相官邸で2019年8月23日、川田雅浩撮影

[PR]

 安倍晋三首相は17日、台風19号の被害が特に大きかった福島、宮城両県を視察し、今回の災害を「特定非常災害」に指定すると表明した。18日に閣議決定する。同災害への指定は2018年7月の西日本豪雨以来で、被災者に行政上の特例措置を適用する。

     同災害に指定すると、運転免許証の有効期限や飲食店の営業許可など行政上の権利満了日を延長でき、破産や相続に関わる手続きも猶予できる。阪神大震災(1995年)や新潟県中越地震(04年)、東日本大震災(11年)、熊本地震(16年)、西日本豪雨で指定実績があり、今回は6例目となる。

     首相は宮城県丸森町の避難所で報道陣に「災害のすさまじい爪痕を目の当たりにした」と言及。「被災者の人権を守り、生活再建に向けた動きを後押しするため特定非常災害に指定することにした」と述べた。

     首相が台風19号の被災地に入るのは初めてで、避難所3カ所のほか、集積する工場が浸水被害を受けた福島県郡山市の工業団地や、決壊した堤防の復旧状況を視察した。避難所では被災者に「大変でしたね」「夜もだいぶ寒くなりましたけど大丈夫ですか」と声をかけ、生活状況を聞き取った。両県の知事とも意見交換した。

     視察後は首相官邸に戻り、第7回非常災害対策本部会議を開催した。【宮原健太】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

    2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

    3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

    4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

    5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです