メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災者「仕方ないかも」 宮内庁「お気持ちを酌んだのでは」即位パレード延期

宮内庁が報道陣に公開した「祝賀御列の儀」で天皇、皇后両陛下が乗車されるオープンカー=皇居で2019年10月7日午前10時1分、佐々木順一撮影

 天皇陛下の即位に伴って22日に予定されていたパレード「祝賀御列の儀」が11月に延期されることになった。台風19号による甚大な被害に直面している被災者は複雑な心境で政府の判断を受け止め、宮内庁や警視庁はスケジュールの見直し作業に入った。

 1階が浸水した自宅の片付けに追われる宮城県丸森町小斎の無職、郡司孝子さん(88)はパレードの延期について「国の象徴として早く盛大にやってほしいとは思うが、被災者としては複雑な気持ち。本当の気持ちで祝えるかと言われれば難しいかもしれず、延期判断は仕方ないかもしれない」と打ち明けた。高齢の夫婦だけでは作業には限界があり、ボランティアの応援を待っている。「被災者の多くは毎日が本当に大変で、一刻も早い復旧を一番…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです