メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童生徒の自殺 3年連続増加 背景に「生きづらさ」 学校の取り組みは?

 文部科学省が17日に公表した2018年度の問題行動・不登校調査で、自殺した小中学生・高校生は332人に上り、3年連続で増えた。国内の自殺者数が9年連続で減少する中、子どもの自殺はむしろ増加傾向にある。なぜ歯止めがかからないのか。

 「自殺も不登校も学校に通うことが苦しいと感じている子どもたちのSOSです」。「不登校新聞」編集長で自身も不登校だった石井志昂(しこう)さん(37)はこう訴える。

 今回の調査によると、自殺は小学生5人▽中学生100人▽高校生227人。中でも高校生は前年度より67人増えた。不登校も小中学生16万4528人(前年度14万4031人)、高校生5万2723人(同4万9643人)とここ数年増加傾向にある。

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文1986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 東京都で新たに22人の感染確認 20人超は15日ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです