メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殺人などの元名大・女子学生、無期懲役が確定へ 最高裁決定

最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影

 知人女性を殺害し、同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた名古屋大の元女子学生(24)=事件当時16~19歳=の上告審で、最高裁第3小法廷(林景一裁判長)は15日付で元学生側の上告を棄却する決定を出した。求刑通り無期懲役とした1、2審判決が確定する。裁判官4人全員一致の意見。

 事件では、刑事責任能力の有無が争われた。元学生側は「犯行当時は発達障害とそううつ病があった」として…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです