メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハザードマップ、被害「予告」 住民なじみ薄く「知っていれば…」 台風19号

東京都江戸川区が5月に発表したハザードマップの表紙。「ここにいてはダメです」と区外への避難を呼び掛けている

 台風19号により、21都県の住宅約3万9000棟(17日午後2時半現在)が床上・床下浸水した。甚大な浸水被害があった長野市や宮城県丸森町などでは、洪水時の浸水想定区域を示すハザードマップと今回の浸水区域がほぼ一致している。一方、住民の間では十分に浸透しているとは言い難い。専門家は行政に周知方法で工夫するよう求めるとともに、住民にはマップを活用して避難計画を立てるよう呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り2316文字(全文2509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」

  2. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです