公的年金 75歳受給開始で最大84%増を提案へ 上限を現行の70歳から引き上げ案

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は、公的年金の受給開始時期(原則65歳)を遅らせて年金額を増やす「繰り下げ受給」について、選択できる年齢の上限を現行の70歳から75歳に引き上げる案をまとめた。受給を1カ月遅らせるごとに0.7%ずつ加算し、75歳まで繰り下げた場合は月額で84%増となる。18日の社会保障審議会年金部会に提示する。

 年金を受け取り始める年齢は原則65歳だが、実際は60~70歳の間で個人が選択できる。繰り下げた期間に応じて年金額が上乗せされ、今の制度では70歳まで遅らせると65歳で受け取り始めた時に比べて最大42%上乗せされる。増額分を含めた給付は生涯続く。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文445文字)

あわせて読みたい

ニュース特集