15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小児・AYA世代のがん患者数
小児・AYA世代のがん患者数

 国立がん研究センター(東京都)などは18日、2016~17年にがんと診断された0~14歳の小児と、15~39歳の「AYA(アヤ)世代」と呼ばれる若年層の患者を調査・分析し、公表した。AYA世代の患者では年齢と共に女性の割合が増え、30代後半では約8割にも達した。女性特有の子宮頸(けい)がんや乳がんが増えるためで、がん検診の推奨や年代に応じた支援策が求められる。

 国は昨年、がん対策基本法に基づき策定した第3期がん対策推進基本計画で、小児・AYA世代のがんの医療の充実やライフステージに応じた対策を掲げた。これを受け、国立がん研究センターなどが、16年からの2年間にがん診療連携拠点病院など全国844病院で登録された39歳以下の患者の性別や年齢、がんの種類などを分析したところ、小児のがん患者は4513人だった。がんの種類別では、白血病が31%で最多。脳腫瘍、リ…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文764文字)

あわせて読みたい

注目の特集