メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合

ヤクルトから1位指名され、カメラの前でポーズをとる星稜高の奥川恭伸投手=金沢市で2019年10月17日午後5時46分、望月亮一撮影

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は17日、東京都内のホテルで行われた。今夏の甲子園大会で準優勝した石川・星稜高の奥川恭伸投手は1位指名で、巨人、阪神、ヤクルトが競合した末、ヤクルトが交渉権を獲得した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです