星稜・奥川、指名されたヤクルトは「チームとファンに一体感、温かみがある」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヤクルトから1位指名され、カメラの前でポーズをとる星稜高の奥川恭伸投手=金沢市で2019年10月17日午後5時46分、望月亮一撮影
ヤクルトから1位指名され、カメラの前でポーズをとる星稜高の奥川恭伸投手=金沢市で2019年10月17日午後5時46分、望月亮一撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が17日、東京都内のホテルで開かれ、今夏の甲子園で準優勝した石川・星稜高のエース右腕・奥川はヤクルト、阪神、巨人の3球団が1位指名し、抽選の末、ヤクルトが交渉権を獲得した。

 奥川は金沢市の同校に隣接する同校系列大学施設内で、テレビ中継を見ながら指名を待ち、緊張…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集