連載

プロ野球ドラフト×社会人

毎日新聞デジタルの「プロ野球ドラフト×社会人」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

プロ野球ドラフト×社会人

パナソニック・片山勢三内野手は指名漏れ 高校時代のサヨナラ本塁打は182万回再生 体重105キロのスラッガー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
都市対抗野球3回戦の鹿嶋市(日本製鉄鹿島)戦で八回表2死一、三塁から右前適時打を放つ片山龍内野手=東京ドームで2019年7月20日、吉田航太撮影
都市対抗野球3回戦の鹿嶋市(日本製鉄鹿島)戦で八回表2死一、三塁から右前適時打を放つ片山龍内野手=東京ドームで2019年7月20日、吉田航太撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が17日、東京都内で開かれ、上位候補にも挙がったパナソニックの片山勢三(せいぞう)内野手(24)は指名漏れとなった。福岡・門司学園高3年、夏の福岡大会で場外へサヨナラ3ランを放ち、涙を流しダイヤモンドを一周する姿は動画投稿サイト「ユーチューブ」で現在までに182万回再生され、話題を呼んだ。あれから6年。大学、社会人を経てプロの世界を目指した体重105キロの巨漢スラッガーはさらなる飛躍を期して来年以降の指名を待つ。【村上正/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1360文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい