メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人・原監督、抽選は「4連敗」 今年も奥川、宮川を続けて外す

奥川恭伸投手との交渉権を獲得し、笑顔で当たりくじを掲げるヤクルトの高津臣吾監督(左)。中央は阪神の矢野燿大監督、右は巨人の原辰徳監督=東京都港区で2019年10月17日午後5時20分、玉城達郎撮影

2019プロ野球ドラフト会議(10月17日)

 巨人は1位指名で最初に星稜・奥川、2回目も東芝・宮川で競合し、原監督はいずれも当たりくじを引けなかった。結局、青森山田高・堀田を単独指名して交渉権を獲得。昨年のドラフトでも原監督は1位指名で1回目に大阪桐蔭高・根尾(現中日)、2回目に立命大・辰己(現楽天…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです