メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人・原監督、抽選は「4連敗」 今年も奥川、宮川を続けて外す

奥川恭伸投手との交渉権を獲得し、笑顔で当たりくじを掲げるヤクルトの高津臣吾監督(左)。中央は阪神の矢野燿大監督、右は巨人の原辰徳監督=東京都港区で2019年10月17日午後5時20分、玉城達郎撮影

2019プロ野球ドラフト会議(10月17日)

 巨人は1位指名で最初に星稜・奥川、2回目も東芝・宮川で競合し、原監督はいずれも当たりくじを引けなかった。結局、青森山田高・堀田を単独指名して交渉権を獲得。昨年のドラフトでも原監督は1位指名で1回目に大阪桐蔭高・根尾(現中日)、2回目に立命大・辰己(現楽天…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです