メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐々木を外した西武は東芝・宮川を1位指名 辻監督は「完成された投手」

【川崎市(東芝)-千葉市(JFE東日本)】力投する川崎市の先発・宮川=東京ドームで2019年7月24日、久保玲撮影

2019プロ野球ドラフト会議(10月17日)

 1位指名で佐々木を外した西武は2度目に巨人との抽選の末、宮川(東芝)の交渉権を獲得。くじを引いた辻監督は「二つ外したらきついなと思った。(指名の)2番手で考えていて、うまくいった」と喜んだ。

 今季、リーグ2連覇を飾ったものの、投手陣のチーム防御率はリーグワースト。やりくりに苦しんだだけに、辻監督は「即戦力、これ一本を考えていた」と言う。最速154キロ右腕の宮川には「投げっぷりのいい、完成された投手。(先発や中継ぎなど)どこが一番適しているかを探りながら考えたい」と目を輝かせていた。【吉見裕都】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです