「縁があってヤクルトに。ここからが本当の勝負」ヤクルト1位の奥川一問一答

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
チームメートに祝福される奥川恭伸投手=金沢市小坂町の星稜高校室内練習場で2019年10月17日午後7時32分、井手千夏撮影
チームメートに祝福される奥川恭伸投手=金沢市小坂町の星稜高校室内練習場で2019年10月17日午後7時32分、井手千夏撮影

2019プロ野球ドラフト会議(10月17日)

 プロ野球・ヤクルトから1位指名を受けた石川・星稜高の奥川恭伸投手の記者会見での主な一問一答は次の通り。

 Q 今の心境は。

 A (ヤクルトは)チームとファンが一体となっていて、すごく温かみがある印象があるので、早くチームに飛び込んで活躍したい。

 Q どんな心境で見ていたのか。

 A 正直、不安もあったので指名をもらってほっとした。ここからが本当の勝負だと思うので気持ちを引き締めて頑張る。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文514文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集