メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥川はヤクルト、山瀬は巨人 小学校以来のバッテリー 次は東京で対決へ

巨人からドラフト指名され、笑顔を見せる星稜高の山瀬慎之助捕手(左)。右は奥川恭伸投手=金沢市で2019年10月17日午後6時41分、望月亮一撮影

 プロ野球ドラフト会議では、石川・星稜高の奥川恭伸投手(18)が1位指名で3球団競合の末にヤクルトが交渉権を獲得し、山瀬慎之助捕手(18)も巨人から5位指名を受けた。石川県かほく市の学童野球以来のバッテリーで、今夏の甲子園では同県勢として24年ぶりに準優勝した星稜をけん引した2人は、ともに新たなステージへの扉を開く。【井手千夏】

 金沢市御所町の金沢星稜大に設けられた記者会見場。テレビ中継を見守っていた奥川投手はヤクルトの高津臣吾監督が当たりくじを掲げても硬い表情を崩さなかった。直後の会見では「勝てる投手を目指す。チームのエースになれるよう成長したい」。目標にしてきた舞台での挑戦を前に、意気込みを語った。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです