メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤクルト1位の奥川、神宮球場は「いい印象のある場所」

ヤクルトに1位指名され、仲間に担がれ笑顔を見せる星稜高の奥川恭伸投手=金沢市で2019年10月17日午後7時35分、望月亮一撮影

2019プロ野球ドラフト会議(10月17日)

 奥川投手は金沢市内の星稜高に隣接する系列大学施設で、テレビ中継でドラフト会議を見守った。事前に1位指名を公表したヤクルトと、巨人、阪神の3球団の抽選の末、ヤクルトに決まったが、硬い表情のまま。その後の記者会見で「正直不安もたくさんあった」と心境を明かして「指名していただき、ほっとした。チームのエースになりたい」と、ようやく笑顔を見せた。

 最速154キロの直球が武器の本格派右腕で、今夏の甲子園では星稜高を24年ぶりの準優勝に導いた。ヤクルトの本拠地の神宮球場では昨秋の明治神宮大会で準優勝しており、「いい印象のある場所。もう一度あのマウンドに立てるようにしたい」と意気込みを新たにした。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです