メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

名古屋グルメ_うなぎ好きにはたまらない! 蒲焼きがご飯を覆い尽くす『うなぎの中庄』究極のうな重/名古屋エリア限定情報(85)

情報提供:まとメシ

穴場店は都心よりも郊外にある、というのが私の持論。ってことで、またまた穴場店を見つけてしまった。 今年7月、名古屋市北部に隣接する北名古屋市にオープンした『うなぎの中庄』がそれだ。ここは創業90余年の老舗うなぎ卸問屋『中庄商店』の直営店。 ゆえに、確かな目利きで仕入れたうなぎには絶対の自信を持っている……。

nagoyatitle-01_main_1569564134

うなぎ好きにはたまらない! 蒲焼きがご飯を覆い尽くす『うなぎの中庄』究極のうな重


穴場店は都心よりも郊外にある、というのが私の持論。

……ってことで、またまた穴場店を見つけてしまった。

しかも、私の地元で。

mato_nagoya_085_image1_1569564203
今年7月、名古屋市北部に隣接する北名古屋市にオープンした『うなぎの中庄』がそれだ。

ここは創業90余年の老舗うなぎ卸問屋『中庄商店』の直営店。

ゆえに、確かな目利きで仕入れたうなぎには絶対の自信を持っている。

mato_nagoya_085_image2_1569564234
これが蒲焼きが3切れのるベーシックな「うな丼(並)」(2200円)。

上(4切れ)は2700円。

特盛(6切れ)は3200円。

うなぎは自社ブランドの備長炭で香ばしく焼き上げてあり、味と食感、香りを存分に堪能できる。

mato_nagoya_085_image3_1569564282
「丼もオススメですが、ウチの場合はうな重がイチオシです。
とにかく、うなぎをお腹一杯召し上がっていただく、というのがコンセプトでもありますから」と、店長。

mato_nagoya_085_image1_1569564376
そして、目の前に運ばれたのが店の名物である「うな重 ダブル」(5900円)。

このうな重には、なんと、12切れもの蒲焼きがご飯を覆い尽くしている!

うなぎのほうが、ご飯よりも多いのではないか(笑)。

うなぎ好きにはたまらない逸品中の逸品だ。

mato_nagoya_085_image4_1569564365
こちらは、「うな重 ダブル」よりもうなぎの枚数をやや控えめにした「うな重 特上」(4500円)。

とはいえ、9切れものるので、こちらも食べ応えは十分。


食べていても飽きないのは、タレの味付けに秘密がある。

甘すぎず、辛すぎず、味のバランスが秀逸なのだ。

もちろん、うなぎそのもののクオリティが高いのは言うまでもない。

mato_nagoya_085_image5_1569564409
うなぎそのものを味わいたいのであれば、やはり「白焼き」(2700円)だろう。

パリッと香ばしく焼き上げた皮とふんわりとした身の間にある脂が旨い。

この「白焼き」と冷酒、そして〆にうな重。

この組み合わせで秋の夜長を楽しんでみてはいかがだろう。


※本文中の価格はすべて税別です。


mato_nagoya_085_image2_1569564484 うなぎの中庄
[住所]愛知県北名古屋市久地野北浦67-1
[TEL]0568-54-3430
[営業時間]11時~14時半(14時L.O.)、17時~22時(21時L.O.)
[定休日]不定休










永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

関連記事

名古屋エリア限定グルメ情報(2) 「ひつまぶし」と「う巻き」が同時に味わえる「うなぎまぶしのオムライス」

名古屋エリア限定グルメ情報(1) 「ひつまぶし」から垣間見える職人たちの葛藤

名古屋エリア限定グルメ情報(3) 土用の丑。通常より1.6倍の大サイズの鰻に驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(4) 名古屋の夏といえば、「きしころ」に決まっとる。

名古屋エリア限定グルメ情報(5) JR名古屋駅中央改札から徒歩1分! 超穴場のとんかつ専門店で「でら旨」な味噌かつ丼を堪能!


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特攻兵器「回天」の記憶を、父の遺志受け米国で語り継ぐ マイケル・メアさん追悼式参列

  2. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  3. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです