メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八重樫 “同学年”王者に挑戦「世界最高峰のおやじファイト」(スポニチ)

[PR]

IBF世界フライ級タイトルマッチ 王者モルティ・ムザラネ《12回戦》同級14位・八重樫 東(2019年12月23日 横浜アリーナ)

 八重樫はIBFフライ級王者ムザラネへの挑戦が決まり、「世界最高峰のおやじファイト」と笑った。来年2月に37歳となるため、現在37歳の王者は日本式には同学年。「変にモチベーションが上がった。ザワッと。同い年には絶対に負けたくない」と言い切った。

     世界戦は17年5月のIBFライトフライ級王座陥落以来2年半ぶり。スーパーフライ級で4階級制覇を目指していたものの、「待っていたらおじいちゃんになっちゃう」と昨年末に坂本真宏、今年5月には黒田雅之を退けたベテラン王者との対戦を選んだ。ドネア、テテらとの対戦経験もあるムザラネを「崩しにくいタイプ。一筋縄ではいかない」と表現し、「これが最後、とか思わないでやる。楽しめなくなるから」と難敵攻略に全力を傾ける姿勢を強調した。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

    2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

    3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

    4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

    5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです