メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

新世代デザインを採用し迫力がアップした新型BMW X1が発売

情報提供:カートップ

新世代デザインを採用し迫力がアップした新型BMW X1が発売

フルカラーヘッドアップディスプレイやアンビエントライトも搭載

 ビー・エム・ダブリューはプレミアム・コンパクトSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の新型X1を一部改良し、発売した。価格(税込み)はsDriveシリーズが438万円〜482万円、xDrive 18dシリーズが489万円〜534万円、xDrive 20iシリーズが497万円〜517万円、xDrive 25iが627万円〜650万円。

BMW

 X1は2015年に2代目が登場し、2018年の世界販売台数は28万7000台を記録した人気のSAVだ。今回はBMWの新世代デザインコンセプトを採用し、LEDヘッドライトや一体型によりさらに大型化したキドニーグリル、より一層デザインを強調したL字型テールライトなどデザインを一新した。

BMW

 またフロントバンパーにLEDフォグランプを組み込んだ形状に変更。エアインテークを大型化するとともに、乗降時にX1の文字が足もとに浮かび上がるロゴ・プロジェクターを新たに装備することでBMWのSAVらしい活発な個性を際立たせている。

BMW

 装備では新たに大型化したタッチ機能付き10.25インチのディスプレイや携帯機器用のワイヤレス・チャージング機能を標準装備し、実用性を高めた。さらに、フルカラー化したヘッドアップディスプレイをオプション装備としてラインアップすることで、アンビエントライトを初搭載するとともに、インパネやセンターコンソールにステッチを採用、上質な室内空間を演出する。

BMW

 また、X1には運転支援機能として車線逸脱警告システムや前車接近警告機能、衝突回避、被害軽減ブレーキを含む「BMWドライビングアシスト」を標準搭載している。

情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  4. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  5. 石川、五輪代表へ 平野にポイント差で 卓球グランドファイナル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです