メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 「ゲゲゲの女房」・武良布枝さん・87歳

武良布枝さん=梅村直承撮影

夫がなりたかったのは「なまけもの」

 「ゲゲゲの鬼太郎」を世に送り出した漫画家の水木しげるさん(享年93)が亡くなって、もうすぐ4年になる。同名のテレビアニメの主題歌は、おばけたちが自由を満喫しているような歌詞だった。おばけなのに、なぜそんなに楽しげなのか。込められたメッセージの意味を知りたくて、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で二人三脚ぶりが広く知られた妻の武良布枝さん(87)を訪ねた。

 東京都調布市。京王線調布駅から北へ5分ほど歩くと、布多天(ふだてん)神社に着く。「裏の雑木林に鬼太…

この記事は有料記事です。

残り3016文字(全文3263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです