メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

ブルーアワーにぶっ飛ばす 毒満載、嫌いな故郷で

 主人公は時代の先端を走る女性CMディレクター。欲しいものを手に入れて強気一辺倒でも、かっこよさとはほど遠く、無理して全力疾走する毎日に生活も心もボロボロだ。嫌いだったはずの故郷に帰って自分を見つめ直すというお話ではあるが、通り一遍の癒やし系映画とは大違い。自身もCM界で活躍する、箱田優子監督のデビュー作。辛辣(しんらつ)でおかしくてほんのり温かく、軽薄だけど意外に深い。斬新な味わいのコメディーだ。

 砂田(夏帆)は30歳。愛人を持ち夫とはほどよい距離を置き、仕事をバリバリこなす。しかし狂騒的な業界…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです