メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ネオナチのスキンヘッド男アダム(ウルリッヒ・トムセン)が、仮釈放後の更生プログラムを受けるため、田園にぽつんと建つ教会にやってくる。彼を迎えたイヴァン(マッツ・ミケルセン)は常に前向き思考で、疑いもなく神を愛する牧師。そんな2人に次々と厄災が降りかかり……。

 デンマークのアナス・トマス・イェンセン監督が2005年に発表した奇妙キテレツなブラックコメディー。何もかも対照的な2人の男の確執と和解の物語なのだが、聖書からの引用をちりばめつつ、現実離れした怪現象や血生臭…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです