メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ある地方都市。田園に囲まれたY字路で少女失踪事件が起こる。事件は解決されず、少女の親友で直前まで一緒にいた紡(つむぎ)(杉咲花)は罪悪感を感じながら成長する。12年後、再び同じY字路で少女が消息を絶ち、偽ブランド品を売る豪士(たけし)(綾野剛)が疑われる。一方、同じ集落で養蜂業を営む善次郎(佐藤浩市)は村おこしの計画がこじれ、村八分にあい孤立を深めていく。

 原作は吉田修一の「犯罪小説集」。人間のエゴや醜さを覆い隠すような田園風景や森の美しさに息をのむ。群…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです