メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ある地方都市。田園に囲まれたY字路で少女失踪事件が起こる。事件は解決されず、少女の親友で直前まで一緒にいた紡(つむぎ)(杉咲花)は罪悪感を感じながら成長する。12年後、再び同じY字路で少女が消息を絶ち、偽ブランド品を売る豪士(たけし)(綾野剛)が疑われる。一方、同じ集落で養蜂業を営む善次郎(佐藤浩市)は村おこしの計画がこじれ、村八分にあい孤立を深めていく。

 原作は吉田修一の「犯罪小説集」。人間のエゴや醜さを覆い隠すような田園風景や森の美しさに息をのむ。群集心理の危うさ、追いつめられていく人の内面を緊迫感たっぷりに映像化。疑念を抱えつつも他人を否定し、排除することで自身を守ろうとする偏狭な言動、そのひずみを浮かび上がらせた。重厚で片時も目を離せない2時間9分。ストーリーの糸が絡み合い時代を行き来するが、謎解きに縛られず、事件によって悲鳴を上げる人の情…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです