メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北最大級、土橋跡 聖寿寺館跡で確認 南部町教委 /青森

聖寿寺館跡で確認された東北最大級の土橋跡=青森県南部町で

 南部町教育委員会は17日、北東北最大の戦国大名、三戸南部氏の中心的城館だった国史跡「聖寿寺館跡」(同町小向)で、室町・戦国期(15世紀~16世紀前半)の遺構では東北最大級の大規模な土橋跡が確認されたと発表した。「版築」という特殊な工法で構築されていた。勢力範囲を押し広げていた当時の三戸南部氏の権勢と格式の高さを示す重要な発見としている。

 土橋跡は聖寿寺館跡北側にある長さ約300メートルの堀跡の中央部で、中心区画の北東部で発見。堀を渡るための土橋跡の確認された範囲での規模は長さ9・5メートル以上、上部の通路幅約3・1メートル以上、基底部幅5・6メートル以上で高さ3・6メートルに及ぶ。東北地方で最大級で、今後の調査で規模が拡大すると推測する。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです