メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 国道45号、トンネル内に土砂 21日に復旧予定 宮古 /岩手

復旧工事が進められている国道45号の宮古第3トンネル=岩手県宮古市崎山で

[PR]

 宮古市崎山と田老地区をつなぐ国道45号では、宮古第3トンネル(388メートル)で起きた土砂崩れによる通行止めが続き、物流や観光に大きな影響が出ている。

     トンネルとトンネルをつないで道路を覆う長さ約20メートルのスノーシェルターに、土砂が流れ込んだ。国土交通省三陸国道事務所は、同市山口から田代を経ての市道ルートと、大型車には国道106号、340号、455号を通る迂回(うかい)路を使うよう呼び掛けてきた。バスの利用者らには臨時ダイヤの三陸鉄道で代行輸送している。

     同事務所は17日、通行止めを21日に解除する予定と発表した。シェルターの鉄骨を撤去した後、土のうを積んで車が通れるようにする工事を進めている。17日は作業員がガスバーナーで鉄骨を切断して取り外した。

     通行止めの解除予定は、今後の天候によっては変更の可能性もある。【鬼山親芳】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

    2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

    3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

    4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

    5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです