メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スバル操業停止で閑散 台風19号影響で群馬製作所 /群馬

[PR]

 SUBARU(スバル)は台風19号の影響による取引先の浸水被害で部品調達が困難になったとして、16日午後3時15分から群馬製作所(太田市)の操業を停止している。工場周辺の道路では、部品搬入などで頻繁に往来する大型車両の姿はほとんど見られず、工場は静まりかえり、北関東屈指の「自動車の街」は閑散としている。

 同社によると、操業再開は25日の予定。天皇陛下の即位の儀式を受けて、当初から19~22日を休業としていたため、実質的な操業停止は4日半の見込みという。

 群馬製作所は現在、1日当たり約2500台を生産し、操業時間は1日16~18時間。今回、完成車工場の本工場・矢島工場(太田市)の全工程と、大泉工場(大泉町)のエンジン生産を除いた工程の操業を停止した。

 終日操業停止となった17日、太田市内の主要道路にスバル関連のトラックの姿はなく、走っているのは自家用車ばかり。群馬製作所によると、通常だと3工場合わせて1日延べ約2500台のトラックが出入りしているが、そのほとんどがストップした。

 太田市中心部にある矢島工場(同市庄屋町)では、普段、正門を盛んに出入りする大型トラックが消え、閑散とした光景となった。近くのスーパーに軽自動車で買い物に来ていた女性(64)は「街中を運転しやすい気もするけど、スバルは太田の繁栄の象徴。早く再開できるといいですね」と話した。【高橋努】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  4. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  5. 「緊急事態宣言」8日午前0時効力発生へ 首相、記者会見で説明へ 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです