メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・台風15号

自治体アンケートから/上 地域防災計画 大半、長期停電想定せず /千葉

台風15号による停電で住宅の明かりは消え、自動車のヘッドライトの筋が浮かび上がっていた=千葉県市原市で9月10日午後6時14分、本社ヘリから玉城達郎撮影

 9月の台風15号で大きな被害を受けて災害救助法が適用された県内41市町村に、毎日新聞は書面でアンケートを実施し、今月上旬に全ての市町村から回答を得た。回答内容を3回にわたって紹介し、4万棟以上の住宅が損壊し、最大約64万戸の大規模停電が発生した今回の災害の教訓としたい。(この企画は町野幸が担当します)

 アンケートの回答によると、約7割の29市町が地域防災計画に停電期間を記載していなかった。31市町が…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1076文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです